FC2ブログ
いつもありがとうございます。
「Pinky boxy」は女子ボクシングフェチ創作サイトです。リングの上でひたむきに闘う女子ボクサーたちの姿を小説やイラストで描いています。過度に暴力的な表現や性的な描写が含まれていますので閲覧の際はご注意ください。18歳以下の入室はご遠慮いただいています。ブログを楽しんでもらえたら拍手やコメントをいただけると、創作の原動力になります(^^)※この記事はいつも一番上にくるようになっています。

◆最近書いた小説の一覧◆

kibouhabana1rr
女子ボクシング部の部長である未希の前に立ちはだかる一人の同級生の存在。少女たちは熱く闘う。
sonohanabana3  
美優とそのみシリーズ第4作。美優、最後の闘い。
ringunikieyukuhonoobana
日本チャンピオンの遥花がライバルとの防衛戦に臨む。
「君がリングに上がる」  
幼馴染の綾乃がプロボクサーになった。タクミの心中は・・・。


◆キャラクタープロフィール◆

kyaratopr
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

未分類 | コメント(0)

「おさぼく2」第2話

2017/03/20 Mon 15:15

 家に着くと遥花は駆け早に階段を昇った。二階の自分の部屋に入り呆然と立ち尽くしていると、小さなタンスの上に置いてあった赤いボクシンググローブが目に入った。遥花は手にしてゴミ箱に捨てた。それから押し入れの戸を開けて、しまっていた試合用の赤いスポーツブラと白いトランクスを出してそれもゴミ箱に捨てた。
「もう必要ないから…」
 遥花は自分に言い聞かせるように小声で言い、今度は机の引き出しにしまっていたバンテージもすべて処分した。他にもうないかと引き出しの中を探っていると、一本のビデオテープを発見した。それは遥花の試合の映像が入っているビデオだ。それも手にしてゴミ箱に捨てようとしたけれど、入れる直前で手が止まった。ビデオテープを弱々しげな目でじっくりと見続ける。テレビの前まで行きビデオテープをビデオデッキに入れた。
 テレビ画面に映し出される自分の姿。上下白で統一したコスチュームを着ていてリングの青コーナーで試合が開始されるのを待っている。デビュー戦の映像だ。
 遠くからの映像で表情は分からないけれど、この時はとても緊張していた。
 遥花は胡坐をかいて改めて画面を見る。
 試合開始のゴングが鳴った。しばらく様子を見合ってから一気に間合いを縮めた。フックを連続して放つ。何も考えずに振り回しているだけなのにパンチが面白いように当たっていく。
「雑なボクシング…」
 遥花はぼそっと呟いた。
 あたし、何でプロボクサーになったんだろう…。
 大山さんに褒められたから?それともヨウちゃんに良いところを見せたかったから?
 頭の中で浮かび上がる幼いヨウジを体を張って守る自分の姿。
 そうだ、あたしは自分が強いのか知りたかったんだ…。
 二戦二勝。どちらもKO勝利。リングに上がるたびに自分は強いと思うようになった。でも、そんなことはなかった。穂乃花にいいところなくKO負けした。男の子と喧嘩して負けたことがなかったあたしが同年齢の女子に負けるなんて思いもしてなかった。
「自惚れてたのはあたしの方だ…」
 遥花はぽつりと漏らした。
 沸き起こるような歓声が画面から聞こえた。対戦相手がキャンバスに倒れていて試合が止められている。大山さんに抱きつく自分の姿を見て、無邪気に喜んでいるのが伝わってくる。
 ヨウジがボクシングを始めたから自分もボクシングを始めた。ヨウジだけが強くなっていくのがさみしかったのだと思う。でも、ジムに通い続けているうちにボクシングが好きになっていった。プロのリングに上がって試合に勝って観客から拍手を浴びて満たされていくのを感じて、好きから大好きになった。
「大好きだからこんなにつらいのかな…」
 遥花は胸を押さえて涙を流しながら画面に映る自分を見続けた。

 太陽が昇り始め、スズメの鳴き声が聞こえる住宅街の道を遥花は走る。同じようにフードがついたスポーツウェアを着て走っている若い男の背中を見つけ、スピードを上げた。男の横に立った遥花は顔を向ける。
「走るの遅すぎるんじゃない」
 ヨウジが目を見開いてこちらを見る。ややあって、また視線を前に移していつもの仏頂面に戻った。
「ボクシングはもう止めたんじゃなかったのかよ」
 遥花はヨウジの顔を見続けて笑みを浮かべる。
「昨日は昨日のあたし。今日は今日のあたし」
「何だよそれっ」
 ヨウジは呆れ気味に言ったけど、
「まぁ、昨日の遥花より今日の遥花の方が良いけど」
 と続けた。
「えっなに?聞こえない」
 遥花はムフフっと笑みを浮かべる。ヨウジがこちらを見た。
「おまえっ、わざと言ってんだろ」
 遥花はヨウジの背中を左手で叩いた。ヨウジがその場に座り込み、「いってぇ」と言って前に出た遥花を見る。遥花はその場で足を上げ続けながら言った。
「昨日のお礼だよ」
 ヨウジは何か言いたそうにしかまった顔で遥花を見続ける。遥花は晴れ晴れとした顔をみせる。
「ありがとう」
 そう言って、遥花はヨウジを置いて再び前へ走り出した。
小説・おさぼく2 | コメント(0)
このサイトに来ている人ならもう見ているとは思いますけど、プリン体さんが「希望はリングにある」のイラストを描いてくれました。何枚も描かれていて力作です。プリン体さん、ありがとうございます(^^)

プリン体さんの「希望はリングにある」のイラストが見られるアドレスを貼っておきますね。
http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=61881547
未分類 | コメント(0)

本日の更新

2017/03/18 Sat 19:05

こんばんわ~へいぞです。

久々の更新となりました。
「おさぼく」の続編です。前作から5年が経った今なぜ続編を書き始めたかというと、おさぼくの続きを小説で書いてくれた人がいて、こんなにこの作品を気に入ってくれている人がいるんだと嬉しくなって遥花の物語の続きを書いてみたいと思うようになったんです。きっかけを作っていただいた方にはとても感謝しています(^^)



未分類 | コメント(2)

「おさぼく2」第1話

2017/03/18 Sat 19:02

 夕暮れが終わる頃、遥花は目的の場所に足を踏み入れた。
 そこは遥花にとって思い入れのある場所。家から五分の距離にある川上公園。小学生の頃はここでよく遊んだ。ヨウジがいつもいて他にその時その時で違うクラスメートの男子が二、三人。そして、女子は遥花だけ。
 体格が良くてガキ大将みたいな存在だったリョウヤという男子がいて、彼がいると必ず遊びのリーダーシップを取っていた。ヨウジははっきりしなくてぼそぼそ話すからよくリョウヤから馬鹿にされてたけど、そんな時遥花はいつも代わりに言い返していた。時には取っ組み合いの喧嘩にも発展したけれど、痣ができたって平気だった。
 こうして公園にいると、あの頃が懐かしくなって、あの日々に戻りたい思いになる。あの頃はまだヨウジも鬱陶しそうにせず接してくれていた。
 遥花はベンチに腰掛けた。周りには誰の姿いない。公園の時計の針は五時十五分を指していた。
 物音がして、公園の入り口の方に顔を向けた。お目当ての人物の姿を確認して、遥花は意地悪そうに頬を緩ませた。
「珍しいね。ヨウちゃんから呼び出すなんて」
 ヨウジは座らずに立ち続けている。
「一か月、ジムに来ねえから」
 ヨウジはぶっきらぼうに言った。見上げていた遥花は目を瞑り顔を背けて言った。
「なぁんだ。やっぱりそのことなんだ」
「そのことってなんだよ、大事なことだろ」
 ヨウジは声を大きくして言った。遥花は再び意地悪な笑みを浮かべる。
「心配してくれてるんだ」
 ヨウジが目を背ける。
「別に…。大山さんが遥花はどうしたってうるせぇから…」
 遥花は両手を使ってベンチから立ち上がり、右に二、三歩進んで背を向けて言った。
「あたし…ジムにはもう行かないかも」
「なんだそれっ、ボクシングを止めるってことか」
 ヨウジが声を荒げた。遥花はまたヨウジの顔を見ないまま、
「別にどうだっていいでしょ。ヨウちゃん、あたしがジムにいると嫌な顔してるんだし」
 と言った。数秒経っても返事が来ずヨウジを見ると、口を真一文字に結んで地面を見つめていた。
「やっぱりそうだったんだな…」
「何がよっ」
 含みのあるヨウジの言い回しに遥花はむっとした顔をする。
「俺がボクシングを始めたから遥花もボクシングを始めた。沢村が言ってた。だから、そんなあっさりとボクシングを止められるんだろ」
 遥花は表情を無くした。目を反らし、
「自惚れないでよ」
 そう言うと、その場から駆けるように出て行った。
 イヤだ…。穂乃花に負けて以来、イヤなことばかりだ。ボクシングのことを考えるだけで辛くなって、ヨウちゃんからは気持ち見透かされて…。
 目に溜まる涙が零れ落ちないよう必死に耐えながら、遥花は走り続けた。
未分類 | コメント(0)
 | HOME | Next »