FC2ブログ
いつもありがとうございます。
「Pinky boxy」は女子ボクシングフェチ創作サイトです。リングの上でひたむきに闘う女子ボクサーたちの姿を小説やイラストで描いています。過度に暴力的な表現や性的な描写が含まれていますので閲覧の際はご注意ください。18歳以下の入室はご遠慮いただいています。ブログを楽しんでもらえたら拍手やコメントをいただけると、創作の原動力になります(^^)※この記事はいつも一番上にくるようになっています。

◆最近書いた小説の一覧◆

kibouhabana1rr
女子ボクシング部の部長である未希の前に立ちはだかる一人の同級生の存在。少女たちは熱く闘う。
sonohanabana3  
美優とそのみシリーズ第4作。美優、最後の闘い。
ringunikieyukuhonoobana
日本チャンピオンの遥花がライバルとの防衛戦に臨む。
「あに―いもうと」
亜衣は同じジムの美羽と新人王戦で闘うことになった。兄のタクロウは亜衣のトレーナーであり、美羽のトレーナーでもあり・・・。
「おさぼく2」
強くて可愛い美少女ボクサーとして注目を集める遥花。彼女の前に対戦相手として現れたのは・・・。シリーズ第2弾連載中。
「君がリングに上がる」  
幼馴染の綾乃がプロボクサーになった。タクミの心中は・・・。


◆キャラクタープロフィール◆

kyaratopr 


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

未分類 | コメント(2)

今日の更新

2018/06/07 Thu 20:31

こんばんわ~へいぞです。

「ときめき10カウント~あの時の約束」の連載を再開しました。この作品を書きたいモードになったのでなんとか完結までいけたらと思います(^^)
未分類 | コメント(0)
 減量をする必要はあまりないけれどひたすら走った。毎日走り続けた。一日に20キロは走っている。前回、由香理との試合で後半のRにスタミナ切れを起こしたことを反省して下半身を一から作り直している。技術では由香里に敵わないけれど、スタミナでは負けたくなかった。階級を上げても減量に苦しんでいる由香理に努力をすればスタミナでは優位に立てるはずだから。
 それに頭の中を真っ白にしたかった。今回の由香理との再戦もタイトルマッチ。勝てば日本チャンピオンになれるのだと思うとどうしてもあの時の約束が思い浮かばってしまう。二人とも日本チャンピオンになったら告白の返事を高野からもらえる。
 でも、みちるは試合に勝っても高野から返事をもらいたいとは思わなかった。ボクシングに専念しなきゃチャンピオンになれっこない。そんな甘い世界じゃないことは前回の由香理との試合で痛感した。
 でも気を許すと、告白の返事をもらいたい誘惑に駆られてしまう。そんな邪念が出る自分が嫌でみちるは時間があれば走っていた。
 もう一時間は走ったかな……。みちるは汗をアスファルトに滴らせ落としながら土手を走り続ける。練習のメニューを一通り終えて最後にロードワークに出た。タイトルマッチまであと三週間を切った。毎日のハードな練習で疲労はピークに達している。二時間の練習の後の一時間以上にわたるロードワーク。もう足を止めたいと何度も思うけれど、それじゃ前と変わらない。試合の途中で足が止まっちゃう。辛い思いを乗り越えて練習をしなきゃ。絶対に由香理に勝つんだから。
 みちるは心が折れそうになるたびに自分の心を鼓舞させて走り続けた。ジムまで戻り、入り口の扉を開けた。
 季節は七月に入り外は夜でも蒸し暑かったけれど、ジムの中はそれ以上に熱い。むわっとする熱気が顔にかかり、みちるは頭がくらっとして立ち眩みした。足がもつれ後ろに崩れ落ちる。地面に倒れそうな身体を受け止めてくれたのは高野だった。
 背中に腕を回して身体を抱えられ高野の顔が間近にある。
「大丈夫かみちる?」
 心配そうに聞かれみちるは頬を赤らめた。
「うん……」
 もっと喋りたかったけれどそう返事するので精一杯だ。高野に長椅子に寝かしてもらいおまけに水に濡らしたタオルまで額に当ててもらった。
「何かあれば俺に言えよ。俺、ジムにまだいるからさ」
 そう言って高野はトレーニングに戻っていった。
 身体はまだ重たくてみちるは目を瞑ったまま天井に顔を向けていた。水に濡らしたタオルの冷気が疲労困憊の身体に染みわたり気持ち良い。そして、何よりも高野の優しさが心を温かくする。
 高野……ダメだよ。そんな優しくされたらあたし自分の思い抱えたままじゃいられないよ……。

 翌日もみちるは夜にロードワークに出た。ジムを出る時、高野に大丈夫かと心配そうに声をかけられたけど、元気を笑顔で振りまいてみちるは出ていった。高野のケアのおかげで身体はすっかり元気になっていた。疲労はまだ残っているけれど、気持ちが疲れを吹き飛ばしてくれている。
 足の筋を伸ばして、走ろうとしたところでみちるは足を止めた。思わぬ人物がジムに向かってきていた。彼女はみちるの前で足を止めて「お久しぶりね」と挨拶をする。
 みちるは思いがけない客人、由香理を前にして表情を硬くした。
「これからロードワーク? 練習の邪魔かしら?」
「別にいいけれど、どうしたのこんなところまで。あの時みたいに宣戦布告?」
 みちるは冗談めかして言った。
「そうね、あなたには試合前に言っておきたいことがあったから」
 由香理の真剣な表情にみちるも真顔に戻る。
「私、琢磨に思いを告げたわ。あなたとの試合が終わった後で返事をいただくことになってるの」
 由香理の告白にみちるは頭をがつんと殴られたような衝撃を受けた。
「あなたに言わなければならないわけでもないけれど、陰でこそこそとするのは性に合わないから一応伝えておいたわ」
「別に……高野と付き合うとかあたしには関係ないから」
 そう言ってみちるは続けた。
「恋愛とか今のあたしには関係ないから」
「そう……あなたは愛を分かってないのね」
 由香理の言葉にみちるはイラっとして睨み付けた。
「なによ、偉そうに上から目線で。浮ついた気持ちでボクシングなんか出来るわけないじゃん」
「だから愛を分かってないって言ってるのよ」
「知らないよ。あたしは由香理に勝つことにだけ集中してるんだから。もうそんなくだらない話いいでしょ」
 みちるは話を切り上げてロードワークに出た。
 なによ馬鹿にして。愛が分かってないって何様のつもりよ。絶対に負けられないよ。由香理には絶対に負けられない。
 みちるは人気のない夜の土手を走り続けた。頭の中のもやもやを吹き飛ばしたくて。でも、とれない。由香理が高野に告白した。その事実が頭の中をぐるぐると周り続ける。
 一週間が経っても胸のもやもやはとれずにいた。練習に集中できずにいる。ダメだ、このままじゃダメだ。でも分かってても頭の中がぐちゃぐちゃしててどうにもならない。
 ゴングの音が鳴ってスパーリングが終わった。一発のパンチも当てられないどころかリズムががたがたで酷いボクシングだった。
 高野がヘッドギアを取ってみちるを見る。
 何か言いたげそうな目。そうだよね、せっかく毎日スパーリングに付き合ってもらってるのに。由香理との試合対策で右と左にスイッチまでしてもらって。なのにあたしはお粗末なボクシングをして……。
「みちる、まだ体の具合が悪いんじゃないのか?」
「そんなことないよ……」
「だってもう試合まで二週間切ってるんだぜ。こんな調子じゃ……」
「分かってる」
 分かってるけど――――。
「何かあったのか?」
 みちるは黙ったままでいた。
「そうなのか?」
 高野、あたしに気を使わないで。優しくされたらあたし……。
「俺でよければ話聞くよ。大事な試合が控えてるんだ。何かあるならすっきりした方がいいだろ」
「高野には関係ない」
 みちるはリングから下りて逃げるように練習場から出ていった。更衣室に入った途端、膝をついて堰を切ったように泣きじゃくった。
 もうどうすればいいか分からない。つらい、ものすごくつらい。高野への思いを抱えたままでいるのがすごくつらい。でも、言えない。高野に返事を欲しいなんて言えない。
 ドアをノックする音がした。
「みちる、開けていいか?」
 高野の声だ。
「ダメ、絶対開けないで」
 どうしよう、高野が来ちゃった。こんな姿見せられないよ。みちるは慌てて涙を拭う。
「着替えてるのか?」
「そうじゃないけど……」
 そう言った途端、ドアが開けられた。
 みちるは涙が零れ落ちる顔で高野と目が合った。すぐに顔を反らしてまた涙を拭う。
 見られちゃった。こんな情けない姿高野に見られちゃった……。
「悪い……。心配だったから……」
 高野が罰の悪そうに言った。何度目元を拭っても涙は止まらない。溢れ出てくる。
「あたし、日本チャンピオンになっても高野から告白の返事をもらわないようにしようと思ってた。浮ついた気持ちでボクシングはもうしたくなかったから」
 涙で高野の顔がよく分からない。それでも、続けた。溢れ出る思いを大声で出した。
「でも、やっぱり聞きたい。高野の気持ちを。試合に勝ったら高野の気持ちを聞きたいよ!!」
 何言ってるんだろうあたし……。急にこんなこと言われても困るよね……。
「逃げてるのは俺の方だ。ずっとみちるに悪いと思ってた。試合が終わったらみちるに俺の思い伝えるから……だから……」
 高野は、
「悔いの残らない試合しようぜ」
 そう言って右手を差し出した。
「高野……」
 みちるが右手を掴み立ち上がる。左手で涙を拭いて言った。
「うん、あたし最高の試合するから」
 みちるは笑顔でそう応えた。
 自分の思いに嘘つくのはもう止めにする。あたし、ボクシングも高野もどっちも大好きだから。
小説・ときめき10カウント~あの時の約束 | コメント(0)
こんばんわ~へいぞです。

虎紙さん作品の「山鳳鬼ジム」シリーズの主人公化菅たむこさんとハルナ嬢の試合絵を描かせていただきました。
たむこさんのファンで前から描きたいと思っていたキャラクターでした。ハルナ嬢の高速砲撃パンチの連打を攻略なるか!といったシーンをイメージしてます(^^)
※5月26日の7時にイラストに修正を加えて差し替えました。pixivでアップされてる画像も変更されてます。


e156pixiv2.jpg

イラスト | コメント(0)
こんばんわ~へいぞです。

虎紙さんから「ヴァルキリーエイジ」の応援イラストをいただきました。
二枚目はキララ・チガサキをイメージしたものです。
一枚目も素敵なデザインで物語に出したいものです。
さらに「ヴァルキリーエイジ」の紹介作品まで創っていただいちゃいました。
紹介作品は↓のアドレスで見ることが出来ます。

https://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=68834602


うむぅっ、早く続きを描きたくなってきました。虎紙さんありがとうございました(^^)


torakami1s.jpg



torakami2s.jpg

頂き物 | コメント(0)

今日の更新

2018/05/02 Wed 18:56

こんばんわ~へいぞです。

今回は「決戦」の決着編を掲載しました。↓はネタバレを含むので注意してください(^^)
>>続きを読む・・・
未分類 | コメント(2)

決戦3

2018/05/02 Wed 18:20

「負けられない・・・負けられないの・・・世界タイトルの舞台まであと少しなんだから・・・絶対にこの権利を譲るわけにはいかないんだから」
みかりはそう言って赤コーナーを出ていった。前のRで辛うじてゴングに救われて赤コーナーに戻ってきたみかりにジムの会長は棄権を告げた。しかし、みかりはその申し出を頑なに拒否したのだった。
第8R。試合を続行したい強い意志を示したものの、みかりの足取りは弱々しい。対照的に青コーナーから出てきた愛梨は力強い足取りでみかりとの距離を縮めていく。
セコンドたちの声援を背に受けながらみかりも前へと出ていく。

会長・・・また我儘言っちゃってゴメン・・・。
本当は世界タイトルマッチなんていいの。
わたしを育ててくれた協会を潰したくなかったから…。生きていると実感させてくれる舞台を提供し続けてくれた協会・・会長が創ったボクシング協会を…。

わたしは協会を潰したくない。会長の創った協会を潰したくない。
絶対に負けるわけにはいかないの。

フットワークは使わずにベタ足で距離を詰めてきた愛梨とついに対峙するみかり。身体中の感覚が鈍くても意識だけは不思議と冴えていた。
みかりから先にパンチを放つ。
左ジャブ二発から右ストレート。
パンチには十分すぎる力が宿っていた。
これならまだいけると思うみかり。でも、体力はもうほとんど残っていない。一気に攻め立てる。
でも、当たらない。振り子のようにリズムカルに上体を動かす愛梨にパンチがまったく当たらない。
みかりの表情が青ざめていく。
なんで・・・さっきまであんなに当たってたのに・・・。
不敵に笑みを浮かべる愛梨。
「前のR、みかりを倒したのは偶然じゃないよ」
そう言って続ける。
「みかりのパンチのタイミングはもう完全に掴んだから。だからもうあたしには当たらない。一発もね」

「なっそんなはず・・・そんなはずない!!」

みかりが大声で叫びながら右のストレートを放つ。
みかりの青いグローブは何も捉えずに空を切った。ダッキングでパンチを避けつつもパンチの力を溜めた愛梨がその力を開放する。
愛梨の右のアッパーカットがみかりの顎を捉えた。
その一撃はみかりの残された僅かな力を奪うに十分だった。
顎を突き上げられ、後ろによろめいていく。
膝が折れながらもかろうじて踏みとどまった。
愛梨が間髪入れずに距離を詰める。
愛梨の強打が一気に爆発する。瞬く間にみかりがサンドバッグになっていく。
みかりを滅多打ちにしながら愛梨が言った。
「みかりは何も変わってない」
瞳が虚ろな状態で左右に顔が吹き飛ばされ続けるみかりにはもはやその声が聞えているのかも定かではなかった。
「でも、あたしは変わった。ジムを移ってからあたしのボクシングは飛躍的に上がった」

力強く言い放ち、そして力強く殴り続ける愛梨。

わたしは・・・わたしは・・・負けられないの・・・。

ぼろ雑巾のように殴られ続けながらみかりはただ一つの思いを自分に言い聞かした。倒れたくなくて・・・絶対に倒れるわけにはいかなくて・・・。

尊いまでに強い意志。しかし、みかりから反撃のパンチは出てこない。愛梨との圧倒的な実力差の前にいいように殴られ続けるだけの無力な存在でしかなかった。

「わたしは・・・負けるわけに・・・」

弱々しくそう言葉に漏らすみかり。しかしその声をかき消すように愛梨が同時に、

「時代遅れなテクニックに頼ったあなたじゃあたしには勝てない!!」

と力強い声で言い放ち、両腕が下がり無防備なみかりの顔面に右フックを叩き込んだ。

みかりがマウスピースを吐き出して、後ろに崩れ落ちていく。

背中から大の字に倒れ落ちた瞬間、赤コーナーからタオルが投げられた。

女子ボクシングフライ級10回戦

〇松田愛梨(8RKO)豊崎みかり●


e151pixiv26
イラスト | コメント(3)

落書き

2018/04/11 Wed 22:38

こんばんわ~へいぞです。気分転換に落書きを描いたのでアップしました。↓でアップした昔に描いたキャラを久しぶりに描いてみました。
e150.jpg


未分類 | コメント(0)
 | HOME | Next »