FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

「おさぼく2」第2話

2017/03/20 Mon 15:15

 家に着くと遥花は駆け早に階段を昇った。二階の自分の部屋に入り呆然と立ち尽くしていると、小さなタンスの上に置いてあった赤いボクシンググローブが目に入った。遥花は手にしてゴミ箱に捨てた。それから押し入れの戸を開けて、しまっていた試合用の赤いスポーツブラと白いトランクスを出してそれもゴミ箱に捨てた。
「もう必要ないから…」
 遥花は自分に言い聞かせるように小声で言い、今度は机の引き出しにしまっていたバンテージもすべて処分した。他にもうないかと引き出しの中を探っていると、一本のビデオテープを発見した。それは遥花の試合の映像が入っているビデオだ。それも手にしてゴミ箱に捨てようとしたけれど、入れる直前で手が止まった。ビデオテープを弱々しげな目でじっくりと見続ける。テレビの前まで行きビデオテープをビデオデッキに入れた。
 テレビ画面に映し出される自分の姿。上下白で統一したコスチュームを着ていてリングの青コーナーで試合が開始されるのを待っている。デビュー戦の映像だ。
 遠くからの映像で表情は分からないけれど、この時はとても緊張していた。
 遥花は胡坐をかいて改めて画面を見る。
 試合開始のゴングが鳴った。しばらく様子を見合ってから一気に間合いを縮めた。フックを連続して放つ。何も考えずに振り回しているだけなのにパンチが面白いように当たっていく。
「雑なボクシング…」
 遥花はぼそっと呟いた。
 あたし、何でプロボクサーになったんだろう…。
 大山さんに褒められたから?それともヨウちゃんに良いところを見せたかったから?
 頭の中で浮かび上がる幼いヨウジを体を張って守る自分の姿。
 そうだ、あたしは自分が強いのか知りたかったんだ…。
 二戦二勝。どちらもKO勝利。リングに上がるたびに自分は強いと思うようになった。でも、そんなことはなかった。穂乃花にいいところなくKO負けした。男の子と喧嘩して負けたことがなかったあたしが同年齢の女子に負けるなんて思いもしてなかった。
「自惚れてたのはあたしの方だ…」
 遥花はぽつりと漏らした。
 沸き起こるような歓声が画面から聞こえた。対戦相手がキャンバスに倒れていて試合が止められている。大山さんに抱きつく自分の姿を見て、無邪気に喜んでいるのが伝わってくる。
 ヨウジがボクシングを始めたから自分もボクシングを始めた。ヨウジだけが強くなっていくのがさみしかったのだと思う。でも、ジムに通い続けているうちにボクシングが好きになっていった。プロのリングに上がって試合に勝って観客から拍手を浴びて満たされていくのを感じて、好きから大好きになった。
「大好きだからこんなにつらいのかな…」
 遥花は胸を押さえて涙を流しながら画面に映る自分を見続けた。

 太陽が昇り始め、スズメの鳴き声が聞こえる住宅街の道を遥花は走る。同じようにフードがついたスポーツウェアを着て走っている若い男の背中を見つけ、スピードを上げた。男の横に立った遥花は顔を向ける。
「走るの遅すぎるんじゃない」
 ヨウジが目を見開いてこちらを見る。ややあって、また視線を前に移していつもの仏頂面に戻った。
「ボクシングはもう止めたんじゃなかったのかよ」
 遥花はヨウジの顔を見続けて笑みを浮かべる。
「昨日は昨日のあたし。今日は今日のあたし」
「何だよそれっ」
 ヨウジは呆れ気味に言ったけど、
「まぁ、昨日の遥花より今日の遥花の方が良いけど」
 と続けた。
「えっなに?聞こえない」
 遥花はムフフっと笑みを浮かべる。ヨウジがこちらを見た。
「おまえっ、わざと言ってんだろ」
 遥花はヨウジの背中を左手で叩いた。ヨウジがその場に座り込み、「いってぇ」と言って前に出た遥花を見る。遥花はその場で足を上げ続けながら言った。
「昨日のお礼だよ」
 ヨウジは何か言いたそうにしかまった顔で遥花を見続ける。遥花は晴れ晴れとした顔をみせる。
「ありがとう」
 そう言って、遥花はヨウジを置いて再び前へ走り出した。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

小説・おさぼく2 | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。