FC2ブログ
 場内はみちると由香理に対する歓声で溢れていた。名前を呼ぶ声が途切れることなく聞こえるけれど、その数は半々くらいかもしれない。二世ボクサーでメディアで取り上げられることはみちるの方が多いけれど、ビジュアルという点では由香理は女子ボクサーの中で相当綺麗な方だ。男からの声援では由香理の方が多かった。
 試合開始前、リング中央で由香理とにらみ合いながらみちるはあの時のことを思い出す。人前で初めて由香理と試合をした時のことを。お互いにプロでもないしアマチュアでの実績すらもないのに、みちるの学校の中で試合をしたために大勢の生徒の前でたくさんの声援を受けながら闘った。クラスメートのみんなに見られて恥ずかしかったけれど、その恥ずかしさは試合をしているうちに気持ち良さに少しずつ変わっていった。多くの人の前で闘うことってすごく心地よいんだ。肌で感じ取って、プロボクサーになりたいという思いが一段と強まった。由香理との試合がプロボクサーになる始まりだったかもしれない。そして、今度は由香理と日本タイトルマッチという大きな舞台で闘うことになった。大事な場面で必ず彼女が自分の前に立ちはだかる。大きな声援を受けながら由香理とにらみ合っていると、彼女はやっぱりあたしのライバルなんだとみちるは実感していた。
「今回の試合もあたしが勝たせてもらうからね」
 みちるは高揚した気持ちを抑えきれずに言った。由香理は顎を下げて目を瞑る。
「相変わらず品がないのね。せっかくの神聖な舞台が安っぽくなるわ」
 目を瞑ったままで話すその仕草にカチンときて、
「何言ってるのよ。勝つか負けるかがボクシングでしょ!」
 とみちるは怒りを込めて言った。
「喋れば喋るほどタイトルマッチの品位が落ちていくと私は言いたいのよ」
 由香理は首を横に振り、やだやだとでも言わんばかりの態度をみせる。
「品位とかボクシングに関係ないでしょ。こんなところでもお嬢様ぶらないでよ!」
 みちるがさらに大きな声を出すと、由香理は目を開けたもののまたすぐに閉じて口を閉じたままでいる。
「言い返せないってことは図星ってことだよね」
「そうじゃないわ。あなたにがっかりしただけよ」
 なによえらそうに!
 そう喉から言葉が出かかったところで、
「二人ともいいかげんにしなさい」
 とレフェリーから注意を受けた。みちるは出かかった言葉を飲み込み、むかむかしたまま赤コーナーへと戻っていく。
「取り乱しちゃ駄目だろ」
 コーナーに戻ると、パパが珍しく厳しい口調で言った。
「うん、わかってる」
 とみちるは言ったものの、けど、と心の中で付け足した。
 由香理には気持ちでも負けたくなかったから。
 「なぁ、みちる」
 高野からも声をかけてられて、小言を言われるのかなと思いながら顔を向けた。高野の視線はみちるには向けられていなかった。その視線の先は青コーナーに立つ由香理――――。
 みちるの心の中がざわつく。
 何で由香理を…。
「由香理はだいぶ減量で弱ってそうだな」
「え…」
 高野の言葉でみちるも慌てて由香理の方を見た。遠くからではっきりとは見えない。でも、高野の言う通り、昨日の計量の時に由香理の頬が少しほっそりととしていたことはみちるも気になってはいた。さっき間近で見た時は顔の表情は普通の状態になっていたけれど、それは一日経って十分な食事を取ったあとだから気付きづらくなっている。
 よく見てるんだ高野は。一瞬、気持ちを乱した自分に恥ずかしさを覚え、高野のことが頼もしくみえた。よかった高野がセコンドにいてくれて。
「作戦だけどさ、前半は様子見て後半勝負にしないか。今の由香理なら後半のラウンドまで体力持たない可能性が高いぞ」
 高野の作戦の方が勝つ確率は高まるかもしれない。でも――――。
「ありがとう高野」
 とみちるは言った。
「でも、由香理の調子が悪くてもあたしはいつもと変わらない闘い方をするよ。自分の力を信じてたいから」
 自分のボクシングを日本タイトルマッチという大舞台でもしたかった。自分が築きあげてきたものだから。
「そうか…分かった、急に言っても無理があるよな」
 高野の声は柔らかくて、気にしているようにはみえなかった。
 パパからマウスピースを口にはめてもらい、みちるは一度胸元で両拳をばすっと合わした。
 闘志をみなぎらせながら、ゴングが鳴るのを待った。
 ゴングの音が鳴り響き試合が開始された。みちると由香理がコーナーから出る。
 由香理は右足を前に出し、右拳を上下にリズムを取りながら揺らす。がんがん攻めていきたいところだけれど、そうはいかない。由香理のボクシングはサウスポースタイル。右利きと違い左利きのボクサーと闘うことなんてほとんどないから距離感が難しい。そのために由香理と初めて拳を交えた時はいいように一方的に打たれて終わってしまった。二度目に学校内で試合をした時もやっぱり不慣れだったから苦戦させられた。最後は逆転勝ち出来たけど、試合を支配していたのは由香理の方だった。
 サウスポーに慣れなきゃ由香理には勝てない。由香理との二度の試合の体験を活かして、今回は高野にサウスポースタイルでスパーリングをしてもらった。高野は右利きだし、スパーと実戦はまた別物だけど、それでも準備は十分に出来たと思う。
 みちるは両腕を高く上げながら少しずつ距離を縮め、相手の出方を伺った。一方の由香理もフットワークを使ってみちるの周りを動くもののまだパンチは一発も出していない。様子見が続く。口火を切ったのは、由香理の方だった。右のジャブを放つ。そのジャブはみちるの顔面を捉えた。さらにもう一発右のジャブがみちるの顔面に当たり、乾いた音が響いた。静かだった場内から歓声が沸いた。
 由香理が一気に攻撃に出た。右のジャブの連打。軽やかに足を使いながらリズムよくジャブを放ちその外見同様に美しいボクシングで攻めていく由香理に対してみちるはガードを固めて凌ぐ。試合は早くも由香理が主導権を握ろうとしている。そう思われた矢先だった――――。
 ドボオォォッ!!
 肉が押し潰される嫌な音がリングに響き渡った。くの字に折れ曲がる上半身。反り返る唇からはみ出る白いマウスピース。表情は固まり、目は天井を向いていた。
 美しい姿は一瞬にして崩れ去っていた。みちるの左のボディブローに由香理は早くも悶絶した表情を晒す。
 みちるがお腹にめり込ませた左の拳をそっと抜くと、由香理は腰から崩れ落ちていく。そして、そのままキャンバスに尻もちをついた。
「ダウン!!氷室、第1R早々にダウンです!!」
 アナウンサーが興奮して実況し、観客席から大きな歓声が沸き起こる。
 尻もちをついて固まった表情でキャンバスに目を向ける由香理をみちるは勝ち誇った表情で見下ろしていた。
 これが今のあたしの力だよ由香理――――。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

小説・ときめき10カウント~あの時の約束 | コメント(2)
コメント
~~~
誰が勝つかドキドキ!
No title
>jkllm588さん
ありがとうございます(^^)タイトルマッチなので緊迫感をどんどん出していけたらと思います(^^)

管理者のみに表示