FC2ブログ

拍手コメントへの返信

2016/08/22 Mon 00:05

こんばんわ~へいぞです。

ここ数年のところ、少女漫画を読むことが増えました。女性作者の作品って心情を描いてることが多いので、漫画なのに小説を読んでいるような感覚があるんですよね。小説を書く上でも参考になるなぁと思って読んでます。

拍手ありがとうございました。
コメントへの返信が、500字を超えてしまったので、こちらで返信を書きますね。
今後もコメントへの返信をブログ上にも載せようか悩んでます。
ブログに載せた方が確認が楽な反面、デメリットもあるかと思うので。
ご意見、あれば参考にしたいと思います。

>HAYASEさん
ありがとうございます(^^)幼馴染同士の対決という設定は僕もとても気に入ってます。作品に物足りなく感じた点もどんどん書いてもらいましてかまいません(^^)次の作品を書く上で参考になります。
女子ボクサーがリングの上の主役ですから、彼女たちの心境をもっとみたくなりますよね(^^)
作者が語るような文体だったり物語を俯瞰するような神視点の文体だったら要所要所でいろんなキャラの心情を描くこともできるんですが、僕は一人のキャラの視点で固定して描く文体なので、他キャラの心情を描くのは難しい欠点をもってます。
一人の視点で描くことでそのキャラに感情移入しやすくなり物語にも入りやすくなるメリットがあるんですけど、一方で他キャラの心情を描きづらくなるデメリットもあって、そのへんの兼ね合いをどうするかは、永遠の課題なのかもしれません。
最近は女子ボクサーの心情をより見たいという思いが強まってるので、もう男キャラを主役にしてその視点で描くのは止めようようかなという思いもあります。
とは言いながらも、今書いてる作品は「リングに上がる少女」のリメイクで、元作品同様に男キャラの視点で描いてるんですけども(^^)
スポンサーサイト
[PR]

未分類 | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示