FC2ブログ
 遥花は頬を赤色に染めて伏し目がちに歩く。隣に立つユキトを直視できずにいる。彼との会話も簡単な返事しかできていない。
 退屈だと思われてないかな。
 ユキトの言葉はあまり頭に入ってこず、そんな不安が何度もよぎる。
 ボクシング部の練習を終え学校から駅までの帰り道。遥花はユキトと二人きりで歩いていた。一緒に帰るのは帰り際にたまたま校舎で会った時だけで月に一度あるかどうか。それも今日で最後になるのかもしれない。大切な時間が過ぎていくと感じる遥花の中で色々な思いが交錯する。そのあまりユキトが話かけているのに気付かなくなっていた。
「遥花ちゃんっ」
 ユキトが顔を近づけて言った。
「えっああっなに?」
  遥花は動揺しながら返事した。
「いや、だからさ、三年間あっという間だったってさ」
「そうだね」
 と返事してから、遥花はまた相づちしかうてなかったことに気付いて心の中でもうっと溜め息をついた。
「遥花ちゃんは思い残したことある?」
 遥花はすぐには返事をしなかった。今度こそもう少し喋ろうと思って記憶を探った。
「二度もインターハイで優勝できたんだからないかな」
「そんなことないよ」
 遥花はユキトを見て両手を降った。形式的に謙遜したものの本当はどうなんだろうと振り返った。ユキトの言う通り、インターハイで二度優勝できたから大会では満足いく結果を残せた。しかも二度目は三年生最後の夏の大会。有終の美を飾れて言うことない終わり方だった。でも、一つだけ果たせていないことがあると気付いた。それは高校生の間でなくてもかまわない。いつかちょうどよいタイミングがくるにちがいない。そう思って行動に起こすのを躊躇い続けていた。
「僕はね、まだまだやりきれてないんだ」
 遥花はユキトを見た。
「あと一歩手が届かなかったからね」
「準優勝なんだから全然すごいよ」
「ありがとう遥花ちゃん。でも、誰よりも強くなりたいって思いがあるからね。だからプロになってさ、今度こそ一番になりたいんだ」
 ユキトは握り拳を作ってそう言うと、夜空を見上げた。それからまた遥花を見た。
「そういえば遥花ちゃんもプロになるんだっけ?」
「うん」
 とだけ言った。自分のことで多く喋る気にはなれなかった。自分がプロになるのは、父親がボクシングジムの経営をしていてそのために出来た借金を返済するため。ユキトのようにボクシングへの熱い思いからではなかった。本心でいえばもうボクシングは充分だった。高校でボクシング部に入ったのもクラスメートの明日奈にどうしても一緒にとお願いされたからだった。
「そういや遥花ちゃんのお父さん、ジムの会長なんだもんな。親孝行だよなぁ」
「そんなことないよ」
 遥花は下を向いて微笑んだ。自分のためじゃない、父のために選んだプロの道だから、褒めてもらえることがとても嬉しかった。
 電車の走る音が聞こえた。前を向くと、30メートルほど先にガードレールが見える。駅はその左側にある。ユキトと一緒でいられるのもあと少しだ。遥花にはどうしても聞いておきたいことがあった。
「橘君はジムもう決まったの?」
 遥花の心臓がドクンドクン動く。
「いやまだだよ。どうしようか悩んでてさ」
 ユキトは息をつきながら言った。
 うちのジムはどう。
 沸き起こる言葉が出ないよう遥花は必死になって抑えた。うちみたいな弱小ジムじゃ満足してもらえるはずない。
 携帯電話が鳴る音がした。ユキトがズボンから携帯電話を出した。ユキトは敬語を使って丁寧に応答する。
「あっそうですか。分かりました。よろしくお願いします」
 ユキトは電話を終わらすと、畏まった表情からにっこりと微笑んだ表情に変えて遥花にみせた。
「今決まったよ、所属することになったジム」
 ユキトとは対照的に遥花の表情が堅くなる。
「そうなんだ。どこなの?」
 遥花は堅くなった顔に懸命に笑みを浮かばせた。
「西薗ボクシングジムだよ」
 その言葉を聞いて、遥花の目から力が消えていった。また伏し目がちに地面を見て、息をついた。
 橘君はエリカがいるジムにいくのか・・・。
スポンサーサイト
[PR]

小説・リングに消えゆく焔(ほのお) | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示
« 編集後記 | HOME | 編集後記 »